ドコモ、ルネサスなどが W-CDMA 端末の共通プラットフォームを共同開発すると発表がありました。 「Symbianに限らず、オープンな形で進めたい」という DoCoMo のコメントは LinuxOS+TIチップ な P と N に対する配慮だと思われます。今回の発表の陣営に限って言えば SymbianOS での P/F 開発とみてまず間違いないでしょう。

「共通P/Fの開発を目指す」と言えば聞こえはいいですが、既に Nokia の Series60(今は S60 が正式名称らしいですね)という競合がいるわけです。なのに、DoCoMo の記事中の図ももうちょっと…という感じで、Series60 に対するアドバンテージをどこに据えているのかというのが記事からはいまいち伝わってきません。開発の容易さ?モノ自体のコストの安さ?P/F のオープン性でしょうか?開発ベンダにとって Series60 のコストはやっぱり無視できなくて、それならばいっそ P/F 作ろうやということなのかもしれません。そしたら SymbianOS だけのライセンスだけ(Qualcomm とかあるから「だけ」ってことはないですけど)で済みますし。それに Nokia がいる以上 Series60 を採用して海外で勝つというのはちょっと難しいという判断なのかもしれません。戦略的に DoCoMo も国内ベンダも海外に目を向けながらなかなか成果が出ない上に、最近では Motorola や Nokia、Samsung なんかが国内に積極的に仕掛けてきてますし、W-ZERO3 のような Windows モバイルの端末も国内で発売されましたから、国内ベンダもここいらでひとつ踏ん張っておきたいということなのでしょう。サードベンダに対するアプローチはどうするんですかね。

で、そこにきて「SymbianOS は今後シェア低下?」や「三洋とノキアが合弁会社?」なんてニュースも出てきたりしてます。各社今後の生き残り戦略を立てるのに必死なんだなという印象です。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 水鳥も水面下は必死という話

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://tsuyuguchi.com/mt/mt-tb.cgi/152

最近の画像

Zero History - ギブスンの新作が 9 月に発売 -
虐殺器官
ドミニオンのランダマイザアプリ、dominion minion が日本語対応!
ハイペリオンの没落 ~ 完結...でもまだ続く~
ハイペリオンの没落 ~ 完結...でもまだ続く~
ハイペリオン - 長大な叙事詩 SF のスタート -
ハイペリオン - 長大な叙事詩 SF のスタート -
「都市と星」 - 10億年と言われてもよく分からない -
「星を継ぐもの」 - 良い Sci-Fi -
トールサイズのニューロマンサーを買った
虎よ、虎よ! - 主人公フォイルの執念の物語 -

私の本棚

 

自転車走行距離

自転車走行距離

Flickr Photos

FlickrPhotos

なかのひと

Y!ログール

このサイトについて

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

アーカイブ

My Update

  • Loading...

その他

あわせて読みたいブログパーツ