テキストボックスへ入力した後そのまま Enter を押すと次のテキストボックスへフォーカスを移すようにしてみました。あとは ActionScript と JavaScript の連携する方法を調べて、同じページ内に画像を表示させるようにしてみました。こういうのができると Flash っぽいって感じがします。

あと、困っていることが一つあって ActionScript で パラメータを escape すると日本語は %uXXXX の UTF-16 escape の形に変換されるのだけど、それをうまいこと decode する方法が、 Jcode.pm だと UTF-16 扱えないし、かといってサーバにはいっている perl は 5.0 で Unicode がばりばり使えるわけでなし。

なので、今は日本語が通りません。正確に言うと日本語を入力しても画像は作られるのだけど、うまく読み取ってくれません。

アプリはこちら: http://tsuyuguchi.com/masaaki/flex2/QRcode/

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: flex2 アプリを作ろう(3) - 途中経過 -

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://tsuyuguchi.com/mt/mt-tb.cgi/261

最近の画像

Zero History - ギブスンの新作が 9 月に発売 -
虐殺器官
ドミニオンのランダマイザアプリ、dominion minion が日本語対応!
ハイペリオンの没落 ~ 完結...でもまだ続く~
ハイペリオンの没落 ~ 完結...でもまだ続く~
ハイペリオン - 長大な叙事詩 SF のスタート -
ハイペリオン - 長大な叙事詩 SF のスタート -
「都市と星」 - 10億年と言われてもよく分からない -
「星を継ぐもの」 - 良い Sci-Fi -
トールサイズのニューロマンサーを買った
虎よ、虎よ! - 主人公フォイルの執念の物語 -

私の本棚

 

自転車走行距離

自転車走行距離

Flickr Photos

FlickrPhotos

なかのひと

Y!ログール

このサイトについて

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

アーカイブ

My Update

  • Loading...

その他

あわせて読みたいブログパーツ