モンテゴベイ

日曜日の話しですが浅草で行われていたゲームマーケットに行ってきました。ゲームマーケットとは企業や同人サークルがカードゲームやボードゲームなど電源を使わないいわゆる非電源ゲームを紹介・販売しているイベントで、今回初めて行ってみたのですが予想以上のもんでした。知らないゲームばかりでしたけど、子ども向けのを取り扱ってるブースもあったりして見て回るだけども楽しめました。

今回私が行った目的はカタン・ブロックスにつづく第 3 のゲームということだったのですが、結局メビウスゲームズさんのブースでモンテゴベイというボードゲームを買って帰りました。ドイツのゲームなのですが日本語のマニュアルを付けてくれているので安心して購入しました。

数あるゲームの中からこのモンテゴベイを選んだ理由は「ジャケ買い」です。会場ではテーブルが用意されており、そこで購入できるゲームのルール説明やテストプレイができたのですが、全部のゲームの説明を聞いてまわるわけにも行かず、結局はジャケ買い。

とはいってもです。ジャケ買いとは行ってもテレビゲームもそうなんですけど洋ゲーってどうしてこういうリアル系の絵ばっかりなんでしょうか?1つにはモンテゴベイがアブストラクトゲームではなく、テーマ設定のあるゲームということもあるでしょうが、それにしても...という想いはぬぐえません。ジャケ買いにしたって試されるスキルが高すぎます。早速妻と遊んでみたところかなり面白かったんで良かったんですけど、このパッケージを見て普通の日本人は面白いとはおもわんよなぁ。

で肝心のモンテゴベイのルールですけど、端的には港湾労働者であるプレイヤーがどれだけ多くの荷物を船に積むことができるかというルールです。船は何艘もあるのですがそれぞれに積載量とプレイヤーが獲得できるポイントが極められており、プレイヤーは効率よく荷物を積むために他のプレイヤーのコマの動きと、プレイヤーが荷物を積もうとしている船の 2 つを読むことがこのゲームの肝になります。ルールは比較的単純なのですぐに楽しめると思います。

ということでみなさま、モンテゴベイをやりに遊びに来てください(もしくは持って行くので遊んでください)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ボードゲーム、モンテゴベイ(MONTEGO BAY)をジャケ買い

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://tsuyuguchi.com/mt/mt-tb.cgi/434

最近の画像

Zero History - ギブスンの新作が 9 月に発売 -
虐殺器官
ドミニオンのランダマイザアプリ、dominion minion が日本語対応!
ハイペリオンの没落 ~ 完結...でもまだ続く~
ハイペリオンの没落 ~ 完結...でもまだ続く~
ハイペリオン - 長大な叙事詩 SF のスタート -
ハイペリオン - 長大な叙事詩 SF のスタート -
「都市と星」 - 10億年と言われてもよく分からない -
「星を継ぐもの」 - 良い Sci-Fi -
トールサイズのニューロマンサーを買った
虎よ、虎よ! - 主人公フォイルの執念の物語 -

私の本棚

 

自転車走行距離

自転車走行距離

Flickr Photos

FlickrPhotos

なかのひと

Y!ログール

このサイトについて

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

アーカイブ

My Update

  • Loading...

その他

あわせて読みたいブログパーツ