bookの最近のブログ記事

しあわせの理由

「しあわせの理由」を読んだ。この本には何編かの小説が収録されているだが、僕はまずはこのタイトルの小説をまず読んだ。残りはいったん別の『ディアスポラ』を読んだ後で読む。
読んだ理由は亡くなった n# が入院直後にブログで次のように書いていたから。

InTheSpiral: hospitalized - on my own will!

詳しいことは後で個別に話しますが、えー、今痛いんだけど後が興味深そうです。グレッグ・イーガンの『幸せの理由』とか『ディアスポラ』が関係あります。

「しあわせの理由」の筋を簡単に説明すると、脳に腫瘍をもった主人公は、腫瘍が分泌する成分が原因で子どもの時は常にしあわせを感じていたし、自分がしあわせである理由も理解していたのだけど、成長したある時、腫瘍を摘出したのが原因でしあわせを感じられなくなってしまい…という話。

この話でポイントなのは「選択」。主人公は数々の選択をこなしていくことで自己を作り上げていこうとするのだけど、選択には 2 種類会って、選択のパラメータを完全に制御できるものと、できないもの、この 2 つがポイントとなって話の後半が展開していく。

この話を読み始めた当初はあまりにもエピソードが n# の状況と似ているために、読むのがつらかったが、話の後半で主人公の意識が変わり始めてからは、SF 形式で哲学的な内容の話ために使う脳の領域があっちに行ったりこっちに来たりしながらも、n# のことを想いつつ落ち着いて読むことができた。 n# は自分の選択には誇りを持っている人だったような気がする。明確な根拠ととともに選択肢とリスクについては挙げてくれるが、相手に選択を強要しない人だった。だからこそひとつ前のエントリでも述べたようにその会話には経験にもとづいた重みと、安心できる何かをを感じた。そんな選択の連続が人生だとするならば、選択できない状態とは彼にとって何だったのか。一方でそのことに思いを巡らせると形容しがたい感情が込み上げてくる。

n# が自信のブログにこの本を紹介したときの想いを考えるにあたって、もう一つヒントになると思われるのが、ちょうど入院した頃に僕と「蒼天航路で曹操が頭痛がなくなって『なんとなー』と感動するシーンがあるんだけど、たぶん僕もそうなるんじゃないかな」と話(もちろんメッセ)をしたというエピソード。ブログでもその会話の中でも、詳しいことはまたそのうちね、と言ってたから ― 僕もそのときは気楽に考えていたものだから、それ以上話を続けることはなかったのだけど… ― すべてが終わった後でこれまでの n# の実体験と小説の内容を重ねながら興味深い彼なりの意見をいつもの調子で聞かせてくれるつもりだったのではないかなと勝手に思ったりしている。

その話を聞くことができないのが残念でたまらない。

自分の体で実験したい―命がけの科学者列伝

1 ヶ月前に読んでいたのだが、書くのが遅くなってしまった。サブタイトルは「命がけの科学者列伝」。内容はタイトルのまま。自分を被験者としてまさに身を削って科学の発展に寄与した人たちを紹介した本である。

キュリー夫妻によるラジウムの発見のような一般に有名なものから、心臓カテーテルの安全性と有用性を証明した医者のような無名なものまで。現在では倫理的に無理な実験もあったりして、我々の日常の感覚から身も蓋もない言い方をすれば「無茶をした人達の話」なのだけど、すべてが真実であり、今日の我々が彼らによってなされた科学の発展の下に成り立っていることを考えると、話の凄味がひしひしと伝わってくる。

科学の発展につれて人体実験のリスクは必然的に大きくなるものであり、「神の領域」へのブレイクスルーが期待されるようなものも多くなってきた現在では、ヒトを使った実験の是非は倫理的な観点から慎重に議論されるべきであり、されているものと信じているが、だからこそ、その昔(といってもそんな昔の話ばかりではないのだが)にこういう人たちがいたことを記憶にとどめておくことは大切なことなんじゃないかと思った。

字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ

字幕翻訳の苦労と裏話。

時間的空間的に限られた範囲に収まるように日本語を当てる必要がある字幕の翻訳と小説の翻訳は本質的に違うようだ。

映画をエンターテイメントとみるか芸術作品とみるかであてる字幕も変わってくるし、最近のわけの分からない感動志向により、配給会社からバイアスをかけられる場合もあるようで、豊富な背景知識が求められたりスキル的な苦労とは別に映画産業に携わる職業としての苦労も相当のようだ。

スクリーンが限られているにもかかわらず昨今の劇場では吹き替え版が多く公開されていることにも一抹の不安を持っているようで、DVD を買わずとも吹き替えを見られる事自体は歓迎されることだけど、それが客が難しい漢字を読めないことや語彙の低下などの日本語の能力低下が原因で吹き替えを選んでいるのだとすれば、それはちょっと危険なことかもしれないと心配されている。

飛行機の中で英語の映画を何度か見たことはあるけど、字幕がなくてもそれなりに意味は分かるもので(もちろん英語を完全に聞き取れているわけではない)、あれは本当に不思議だと思うのだけど、字幕というものはそこにあるようでないというか、字幕を読むために映画を見ているわけではないのだなと、この本を読んで改めて思った。

接待の一流 おもてなしは技術です

ソムリエの田崎さんが自分の経験と女性への取材を事例に挙げて、食事をする際のゲストのもてなし方についてまとめた一冊。

美容室での一冊として選んだのだけど、予想外にいい本だった。

僕が選んだ動機というのは「おもてなしは技術」というサブタイトル。読んでみて分かったけど、このサブタイトルに田崎さんの真意がつまっている。つまりは、はじめから人をうまくもてなすことのできる人はいないということと、習慣として定着させることで誰でもできるということ。と同時に、できていない人が多いということの裏返しでもあるのだなと思った。

そして「技術」という点でもうひとつ。読んでも分からないことは書かれていないという点において、何ひとつ難しいことは書かれていないということ。技術を知らない人に「簡単そうだな、よしやってみよう」と興味を持たせるのがはじめの一歩として重要なのは僕も技術者の一人として分かっているつもりだけど、それもこの本を読んで共感した一因。

決して「接待の一流 脱非モテのはじめの一歩」というような内容ではないということだ。

と、メタな感想ばかり書いても仕方ないので、中身についても端的に説明すると:

女性とレストランに食事に行ったときに、「この店のウェイターさんは気が利くなぁ」と感心しきりの場合は、自分がうまく相手をもてなせていない。

ということである。

あくまでも自分がホストとして相手をもてなすのであって、お店はサポートということ。人によっては今更何いってんだって感じかもしれないけど、僕はとても勉強になった。

「接待編」と「デート編」に分かれているから、読んで損になる男性はいないと思う。かく言う私はちょっと反省しながらも、ヘコむこともなく心地良い説教を聞いていた感じで、すーっと一気に読み終えてしまった。

余談だけど「おもてなし」という観点でいうと、この本のカウンターとしては「外交儀礼のプロトコル」が挙げられるが、こちらにも興味がわいた。宮中晩餐会のシェフとか元外交官が書いた本はあるかな。こちらは完全にトリビアとして知りたいということだけど。

99.9% は仮説

| | トラックバック(0) http://tsuyuguchi.com/masaaki/mt/archives/2007/02/11-0041.php のはてなブックマーク件数

99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方

バカの壁が脳のはたらきからと自分と他者の相対的立場について述べたものなら、本書はそれを「科学」とはなにかという視点から説明したものであると解釈した。

反証可能性を持つことが科学たる条件であり、これすなわち、99.9% は仮説ということであり、すなわち「真理」と「科学的に導き出された事」は紙一重違うということ。ある事象を「常識」と捉えてしまうことがどれだけもったいないことか、先入観を捨てててもう一度日常に立ってみましょうと呼びかける啓蒙的な内容である。

で、次に話の軸となるのは、科学的に同じ言葉を使用していても別のものを示すという「共訳不可能性」という概念。ニュートン力学とアインシュタインの相対性理論での「エネルギー」という言葉が共訳不可能の具体例として説明されていたが、実際にも同じ対象について話をしているのにどうにも通じ合えないということがあるよね、でもそれはどちらかが間違っているということではなくて、両者が張る「系」がそもそも違っているんだから、まずはその系を理解するところからはじめましょうということ。

読み始めた途端に強烈な先制パンチを浴びることになるが、これは扱う話の内容から必要なものであり、本書の中ですこし取り上げている「マトリックス」でもモーフィアスが「Welcome to the real world」とネオを迎えたもののネオがゲロを吐いてしまうというシーンがあったように、この先制パンチは歓迎と捉えるのが筋だと思う。

物腰やわらかな文章で語りかける感じで、一気に読んでしまった。いろいろな捏造問題が世間をにぎわすご時勢、いいタイミングで本書を読むことができた。

世界の日本人ジョーク集

エスニックジョークの中での日本人の扱われ方を紹介した本。火のないところになんとやら、ジョークを通じて世界の中の日本人がわかりますよという内容。

それだけで分かった気になるのは危険だが自分の立ち位置は周りからでないと分からないものですからね。

スケッチは3分

イーゼルやコンテを使う本格的なものではなくて、ペンと鉛筆とスケッチブックだけで対象もの静物中心のちょっとしたスケッチのノウハウです。いかに写実的に描くかではなくいかに省いて3分で描くか。3分で描けない複雑なものは対象外というスタンスも潔く好印象。

と説明すると鶴太郎みたいですが「描く前にまずは深呼吸して、敢えて利き手じゃない手で描いて味わいを出す」みたいな心構えの能書きは一切なく、設計家の著者らしく工学的な説明とスケッチを簡単に書き上げるために省くワザと抑えるワザの説明に終始しているので、誰でも読めば描いてみようと言う気になるではないかなかあ。

この本の対象はスケッチであってイラストや似顔絵ではないのであしからず。

デザインにひそむ〈美しさ〉の法則

あ~、なるほど、という話が満載だ。ソフトウェアデザインの話ではないのであしからず

デザインの多くの実例と少しのハウツーと、世の中におけるデザインの位置づけについてバランスよく述べられている本で、いろんなものを見て、「かっこいい」「ダサい」と感覚がどこからくるものなのかの手がかりを知りたい人にはお勧めの一冊だと思う。

「実例とハウツー」は絵画を用いて黄金律の説明から始まり、漫画のキャラクター、工業製品、果ては縄文式土器の実例を挙げての解説からなる。工業製品は特にアップルの製品が多く取り上げられていたのが印象的。

「デザインの位置づけ」についてはひとくちにいいデザインといっても、それは時代と場所、状況に沿って変わるものだし、ユニバーサルデザインのように変わらないことが求められている場合もあるんだよという話。

----

「単純なのが美しい」という感覚はどこからくるものなのか。これは何かの番組で言っていたことなのだが、もともと工業製品、特に家電の多くのものは製造するのが精一杯で、部品も今みたいに洗練されておらず装飾性など考える余裕などなかったのだが、それを逆手にとって「単純なのがいいデザイン」と流れを作ったらしい。

とすると、次はなぜわれわれは美しいものを選択するのかという話に興味が移るのだが、そこまではこの本では述べられていない。

Binary Hacks ―ハッカー秘伝のテクニック100選

卓上カレンダー欲しさにオライリーから直に買った Binary Hack。去年最後の買い物であり、今年最初に手にした本である。副題は「ハッカー秘伝のテクニック 100 選」と書いているが、C 言語や C++ を使う人ならためになる話が書かかれている本である。 ただ、普通の GCC や Make の使い方とかプログラミングの Tips が乗っている王道的な内容ではないのでそこは注意が。 ar の使い方とかセクションとかシンボルの話や、それに関連するコマンドとかそういうのが載っている。知ってるとちょっとお得とか、あーそういうことだったのか。みたいな内容。まだ読んでないけど「main が実行されるまで」という項目は楽しみだ。

多分、書かれている内容のすべてが自分にとって必ずしも実践的なものではないから 100 のうちから、すでに知っているものの復習的な項目や、すぐ使えそうなものを選って拾い読みという感じ。それでも充分価値はある。あとちょっと深淵を覗いてみたい人にもお勧めなのかも。でも OS の解説書ではないのでそこもまた注意が必要かな。

で、オライリーのカレンダーは、発注するのが遅かったのかなんなのか、oerilly.com のカレンダーだった。去年はオライリー・ジャパンのかわいらしいカレンダーだったのに、今年のはいかにも向こうのモノって感じのカレンダーですこしガッカリ。

WEB+DB PRESS Vol.36

WEB+DB PRESS Vol.36 に オブジェクト指向にデザインパターンがあるように、 Web U/I にもデザインパターンがあるよということで、Yahoo! Design Pattern Libyraryが紹介されていました。こういう UI を組めばこのような問題点が解決できますよというもので、非常にためになります。本の方では実際のサイトを上げて解説されていました。

かくいう私も 2 つだけ日本語に訳しています。ちょっと後が続かず1 年ぐらいほったらかしになっていますが、折を見て続けられたらと思います。

1 2 3 4 5 6 7

最近の画像

Zero History - ギブスンの新作が 9 月に発売 -
虐殺器官
ドミニオンのランダマイザアプリ、dominion minion が日本語対応!
ハイペリオンの没落 ~ 完結...でもまだ続く~
ハイペリオンの没落 ~ 完結...でもまだ続く~
ハイペリオン - 長大な叙事詩 SF のスタート -
ハイペリオン - 長大な叙事詩 SF のスタート -
「都市と星」 - 10億年と言われてもよく分からない -
「星を継ぐもの」 - 良い Sci-Fi -
トールサイズのニューロマンサーを買った
虎よ、虎よ! - 主人公フォイルの執念の物語 -

私の本棚

 

自転車走行距離

自転車走行距離

Flickr Photos

FlickrPhotos

なかのひと

Y!ログール

このサイトについて

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

アーカイブ

My Update

  • Loading...

その他

あわせて読みたいブログパーツ