cyclingの最近のブログ記事

昨日作った 自転車の軌跡 Google Earth 版ですが、すこしフォーマットを変えてみました。

諸般の事情で URL は http://tsuyuguchi.com/masaaki/gps/getdata.cgi?m=kmlall に変更しましたが、MIME type は application/vnd.google-earth.kml+xml を返すように修正し、ブラウザでアクセスすると即 Google Earth が起動するようにしてみました。最初に Google Map 版自転車の軌跡を作って、自分の通ったパスが地図の上で見られるようになったときは、そのわかりやすさにビックリしましたが、Google Earth で見ると勝手に軌跡の場所へグイグィ~と画面が移動していく様子を見ているとさらに感動です。

で、これを作っていて思ったことですが、KML の説明のページにチュートリアルがついているのが、自分の開発にとって大きなプラスだったように思います。これがもし、チュートリアルがなくてレファレンスだけだとしたら、仕事から帰ってきて寝るまでの短時間では絶対にできないです。チュートリアルをざっとみてコピペして、必要のあるところとか気になる箇所をレファレンスで確認してカスタマイズするという流れ、これが重要ですね。つまり、新しいものにチャレンジしようとして技術書を買うときは「なんとかレファレンス」のような網羅的な説明があるものを買うよりも、まずは CookBook や 「すぐできるなんとか」という類のものを買った方がいいのかなと、そんなことを思いました。

時間があったらスタートからゴールまでパスを再生する機能にも挑戦してみたいと思います。

自転車の軌跡を KML に対応させました。 KML は
http://tsuyuguchi.com/masaaki/gps/getdata.cgi?m=kmlall
から取得できます。

この KML を Google Earth に読み込むことで Google Earth でも、私の自転車の軌跡をごらんいただくことができるようになりました。Google Earth のメニューから「追加」→「ネットワークリンク」とたどって開いたダイアログの「リンク」に上記 URL を入力を入力することで KML を読み込むことができます。

参考: KML について

セレクトボックスに表示するテキストが数字だけという素っ気いないものでしたので、日付の形になるようにしてみました。

参考:自転車の軌跡 (携帯電話を使った GPS ロガー)

さて、暖かくなってきたので週末サイクリングも先週あたりから始動しています。今日は桜を探しに皇居の外周をグルッとまわってきました。例によって GPS ロガーで記録しています。リンク先を見ていただければ分かりますが、靖国通り→千鳥ヶ淵→三宅坂→日比谷通り→永代通り→新大橋通りというコースの全長約 20km 。

春がすぐそこまできているとはいえ、気温はまだ少し肌寒くウィンドブレーカを着て走っています。それでも、走っているとすぐに体は温まってくるのですが、止まると今度はすぐに冷えてしまうので難しいところです、早く暖かくなってほしいものです。

そして、肝心の桜ですが、千鳥ヶ淵、三宅坂あたりをねらっていったのですが、まだつぼみがふくらむ程度でした。でも、運良く一本だけ一分咲きのがあったので写真を撮ってきました。少し高いところでしたので、手を伸ばして撮ったのですが、咲いているのがギリギリ分かる程度であまりきれいにとれていませんね…。でも、咲いているのが見つかってよかったです。来週あたりは弁当をリュックにいれて出かける感じになってますかね。

かしわ天うどん(大盛り)

恵比寿のうどん屋。かしわ天うどん大盛。自転車だと移動にお金がかからないので、うどん一杯でも気軽に食べに出かけられるのはグッド。しかも空腹の段階で店に入れるということで、さらにグッド。

恵比寿という土地柄か値段も含めた気軽さは丸香に及ばないが、それは嗜好の範疇だろう。コシのある讃岐うどんは旨いの一言。

神田のらぼー、六本木つるとんたん、神保町丸香、そして恵比寿一滴八銭屋ときたうどん屋巡り。否が応でも幡ヶ谷めんこやへの期待が高まります。

行きは六本木通りを通って。帰りは渋谷経由青山通りを通って

東京周辺自転車散歩

東京周辺自転車散歩という本をカミさんが買ってきてた。

リンク先のレビューはあまりいいこと書いてないけど、区画化された大阪や神戸と比べると、直線道路が意外と少なくて適度な高低差がありランドマークに事欠かない東京は相当な走りでがあるのは間違いない。街中なのにコースを紹介されても…という意見も分からんではないけど、都内に越してきて日の浅い僕にとってみれシティコネクションよろしくただ道を走破するのもまだまだ充分楽める段階。

タモリのTOKYO坂道美学入門

慣れたらタモリのTOKYO坂道美学入門のようにテーマを絞って走るのも楽しそう。

東京シティサイクリング2006

東京シティサイクリング2006に参加してきました。

画像は約35キロのコース。

スタートが都庁、ゴールが神宮外苑になってますが、自宅からスタート地点まで、ゴール地点から自宅までの間も自転車のため全て合わせるとトータル60キロ。

要所ごとに大会運営の人が立哨してくれていたので、道に迷うこともなかったですし、道路封鎖されることのない左車線を大勢の自転車が走るというのは気も使いますが、一人で走るのと比べると比較的安全で気持ちよく街中を走れました。

とはいえ、気持ちよくとはいっても平坦で楽な道ばかりではなく結構起伏に富んだコースで半分ぐらいが坂道だったような気がします。「晴海大橋」と「溜池山王から青山通りまでの外堀通り」の上り坂は乳酸が出まくりで久々に部活を思い出しました。

雨が心配だったり気温が心配だったりしましたが、結果的にはすべて杞憂(使い方間違ってる?)でした。半そで半パンでまったく問題なし。走りよいお天気でした。参加者の中には老夫婦とか親子もいて改めてサイクリングが人を選ばないスポーツだということを感じました。場代もかからないし、いいですね、自転車。

F1000039

今日のルート:
両国橋⇒神保町⇒靖国通り⇒新宿⇒千駄ヶ谷⇒神宮外苑外周⇒迎賓館⇒青山通り⇒皇居⇒大手門⇒丸の内

新宿まで行ったのは買った自転車屋さんで1ヶ月点検をしてもらったから。ワイヤーの伸びを調整してもらいました。

行きは靖国通りをまっすぐ西に向かうだけなので、帰りは来た道とは別の道を通ってみたらこれがまた。林の中を走るようなもんだから信号で止まっている間に蚊に咬まれたりしながらも、最終的には丸の内で突然ウシに遭遇という大ハプニング。ウシのオブジェがあの一体に置かれていて、僕は 3 ブロックぐらいを回って見かけたものをすべて撮りましたが、プレートのナンバリングが60番台だったのでコンプリートはあきらめました。えらい回り道になりましたが、車でも徒歩でもない機動力の高さは自転車ならではの出来事でしたね。

で、その実態はといいますとカウパレード東京というイベントらしいです。最後に、今日出会った牛たち

今日は午前中に葛西臨海公園まで行ってきて、昼から荒川河川敷を 20 km。

なぜ、こんなに走ったかといいますと、ひとえに AU ケータイの GPS を試したかったからで、AU ケータイを簡易 GPS ロガーとするべく、昨日作っておいた、GPS データを一定時間ごとにサーバへ送信するWML コンテンツと、サーバ側でGPS データを受け取って保存するプログラムを試してみたかったからなのです。

WMLコンテンツにスクリプトに少々ミスがあったために、葛西臨海公園への軌跡は測地系を日本のもので記録してしまっていて Google Map で表示するとずれてしまう事が発覚。帰宅後、グローバルな測地系でデータを保存するように修正して、その後テストデータの取得も兼ねて荒川で流してきたという一日。

夕方に帰宅後は Google Map に表示できるようなページを作ってみた。題して、自転車の軌跡。取得間隔を 5分にしていたので、若干カクカクしているけれど、間隔を短くしすぎると逆に表示が重くなってしまうため、5分間隔は妥当なところではないかな。折り返し地点で間隔を無視してログ取りしなかったため、折り返し地点の位置は正確ではないですけど、ゴールがぴったりスタート地点と重なっているのは偶然です。

今は軌跡だけだけどデータ自体には時刻も表示しているので、スタートとゴールの時刻をうまく表示できるといいなぁと考え中。

船橋屋のカキ氷

| | トラックバック(0) http://tsuyuguchi.com/masaaki/mt/archives/2006/08/26-1741.php のはてなブックマーク件数

F1000026

浅草でサンバを見た帰りに寄った亀戸天神横、船橋屋のかき氷。

今日日のカキ氷は crashed ice が主流になってきたけど、ここのはきちんとした shaved ice です。さすがですね。近所だけど場所が自宅-駅間ではないので、自転車に乗らなければ見つけられなかったお店です。グッド。

1 2 3

最近の画像

Zero History - ギブスンの新作が 9 月に発売 -
虐殺器官
ドミニオンのランダマイザアプリ、dominion minion が日本語対応!
ハイペリオンの没落 ~ 完結...でもまだ続く~
ハイペリオンの没落 ~ 完結...でもまだ続く~
ハイペリオン - 長大な叙事詩 SF のスタート -
ハイペリオン - 長大な叙事詩 SF のスタート -
「都市と星」 - 10億年と言われてもよく分からない -
「星を継ぐもの」 - 良い Sci-Fi -
トールサイズのニューロマンサーを買った
虎よ、虎よ! - 主人公フォイルの執念の物語 -

私の本棚

 

自転車走行距離

自転車走行距離

Flickr Photos

FlickrPhotos

なかのひと

Y!ログール

このサイトについて

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

アーカイブ

My Update

  • Loading...

その他

あわせて読みたいブログパーツ